アージェントパルム・スタッフブログ 愛知県豊田市のゲストハウスウエディング結婚式場

みなさんこんにちは!

アージェントパルム厨房の金子です!

近頃毎日めっちゃ暑いが続きます。。

ニュースでもよく報じられてますが熱中症、とっても怖いですね。

室内でもなるようですのでエアコン等による温度調整と

水分と塩分の補給をしっかりして日々を過ごしたいですね。

 

これだけ暑いと熱中症対策と同じくらい夏バテ対策も

必要かとおもいます。

どうしても水分を取りすぎて食事もさっぱりしたものを

求めがちですが、それでは体力がつかないと思いますので

今日は夏にガツンと肉料理!豚の角煮を紹介したいと思います!


 

 

 

 

豚の角煮、イメージ的にくどそうな食べ物にとられがちですが

肉選びと煮方でだいぶ変わってきます。

まず肉ですが豚バラ肉のブロックを使用します。

バラといっても脂の多いとこ、少ないとことありますので

なるべく肉は分厚く、脂は薄いとこがオススメです。

産地は国産豚が美味しいですが、私はドイツやデンマーク

からの輸入豚が脂が薄い気がして好みです。

 

調理ですがなるべく塊のままが良いかとおもいます。

先に切ると縮みが気になりますので。

ただ、より脂を落としたサッパリ仕上げなら

先にカットするのもいいですね。

次に煮ていきますがまずは下茹でです。

水から煮ますが自分は沸いて30分ほどであげます

脂の多い肉ならもう少し長めがよいですね!

 

下茹でした肉を煮汁で煮ますが、先に醤油以外の調味料で

煮て、ある程度煮たら醤油を入れます。

そのほうが味のしみ込みがようようです!

調味料以外のネギ、ショウガは臭み消しにあったほうがいいです。

八角などスパイスは好みでいいかとおもいますよ!

下茹後2時間くらい煮ますが柔らかさを確認して

好みの固さになったら火を止め

気持ち薄めの煮汁に一晩寝かします。

この際7分ゆでの半熟卵も一緒に漬けると

美味しい煮卵ができますよ!

一晩寝かしたら好みの大きさにカットして

煮汁を煮詰めるように仕上げます。(ここで味をバッチリに)

盛り付けてカラシやネギを添えて完成!

柔らかく、程よく脂の抜けた角煮はよくご飯が進み

夏バテ防止にばっちりです!

 

まだまだお家時間が長いと思いますので、こんな手間の

かかる料理もたまにはつくってみてくださいね!

本日のブログは金子がお伝えしました。