アージェントパルム・スタッフブログ 愛知県豊田市のゲストハウスウエディング結婚式場

アージェントパルムスタッフブログを
ご覧のみなさんこんにちは

ここ数日、家族のLINEは「朝顔」の話。
根木がお送りいたします。

最近、暑くなり
実家に朝顔が沢山咲くらしく、
毎朝、いくつ咲いたか
母が写真と共に報告をしてくれます。

朝顔の花言葉を調べてみると、
「明日もさわやかに」
という花言葉がありました。

朝顔はその日に咲き終わっても、
翌日にまた新たな花が咲いていくため、
この花言葉がつけられているそうです。

お花によって花言葉は様々で、
素敵な意味が沢山あります。

本日は夏のお花の花言葉を
いくつかご紹介したいと思います。


夏の結婚式に人気のお花
No.1向日葵!
開花時期は7月中旬~8月頃。



向日葵は太陽に向かって咲くその姿から、
「私はあなただけを見つめる」
という花言葉があります。

インパクトのある華やかな花なので、
アクセントとしてブーケに入れると夏の季節感満点に。

ひまわりだけで茎を束ねたクラッチブーケや、
白い花の中に数本のひまわりを入れれば、
純白のウェディングドレスとの相性も良くなり、
挙式のブーケとしても素敵です。


夏の結婚式に人気のお花
No.2アンスリウム!
開花時期は5月~10月頃。

トロピカルな南国の花のアンスリウムは、
夏の結婚式にはぴったりの花。

そのハート型の花の形から
「恋にもだえる心」「情熱」「熱心」
という花言葉があります。

「飾らない美しさ」という花言葉を持つピンクのアンスリウムは、
柔らかい雰囲気もあわせ持って、ウェディングドレスにもぴったりです。


夏の結婚式に人気のフラワー
No.3ダリア!
開花時期は7月~10月頃。

花言葉は、「華麗」「感謝」などです。
様々な色の花がある為、好きなテイスト似合わせて選べます。
種類も豊富な為、洋装だけでなく、和装ブーケやヘアパーツにもオススメです。

花の本数によっても
意味が違ってくるので、気になった方は
是非、調べてみてくださいね。

お花をもらって喜ばない女性はいないはず。
普段は恥ずかしくて伝えられない想いを
花の本数に込めて花嫁さんに
サプライズで伝えてみるのも素敵ではないでしょうか。



結婚式に欠かせない存在のお花。
なんとなく可愛いからだけでなく、
花言葉や意味まで知ることで、
結婚式当日もさらに楽しみに、そして幸せに感じられると思います!