アージェントパルム・スタッフブログ 愛知県豊田市のゲストハウスウエディング結婚式場

珈琲の魅力

アージェントパルムのブログを
ご覧の皆様、こんにちは!
本日のブログはアシスタントプランナーの中川が
お届けいたします。

最近、自宅に電動ミルを購入しました。
珈琲が大好きな私は、夜のリラックスタイムに
ハンドドリップでコーヒーを頂いています。

いつもはめんどくさいが勝ってしまい、
インスタントコーヒーで済ませてしまいますが
挽きたての豆でドリップして淹れる珈琲は
香りも格別で美味しいですよね。

今回は、元コーヒーショップ店員の中川が
珈琲の魅力についてご紹介いたします!

まずは淹れ方について。

私が自宅で珈琲を淹れる方法は主に3種類。

・コーヒーメーカー

・ハンドドリップ

・プレスコーヒー

です。


【コーヒーメーカー】

コーヒーメーカーは一番一般的な淹れ方ですね。
最近はボタンひとつで豆を挽くところから
ドリップ、蒸らしなどすべてを自動で行ってくれるので
手軽に珈琲を飲めるところが魅力です。

好みに合わせて2~3段階で濃さも選べるので
年々美味しく飲めるようになってきました。

大人数のお客様を迎える時は
1度に量が入れられて、尚且つ味にムラが出ない
コーヒーメーカーを使用しています。


【ハンドドリップ】

ペーパーフィルターに入れたコーヒー豆に
お湯を注いて入れるハンドドリップ。

手間がかかる分、淹れ手の腕が最も試されるのは
この3種類ではハンドドリップが一番です。
蒸らす時間やお湯を注ぐスピードによって
香りの出方や渋み、濃さが変わります。

珈琲にこだわった喫茶店などは
ハンドドリップを採用している所も多いですよね。

珈琲が大好きなブラス社長のこだわりで
アージェントパルムで打合せをする際
お客様にお出ししている珈琲は
このハンドドリップで提供しています。
やっぱり手間をかけた分、出来上がる珈琲は
香り高くて美味しいんですよね。

個人的にはホットで飲むのをお勧めしています。


【プレスコーヒー】

専用の容器に入れた珈琲豆に直接お湯を注ぎ、
最後に豆だけをフィルターで押さえて漉す
プレスコーヒー。
ペーパーフィルターなどを挟まず
直接お湯と豆が触れている時間が長いことから
その珈琲本来の味を一番感じることができます。

新しい豆を試したい時、少しお値段のする豆を購入した時は
私はプレスで淹れています。
また油分も多く抽出できるので、ミルクとの相性も良く
カフェオレで飲むときはお勧めです。


味の好みや珈琲を飲むシーンに合わせて
淹れ方をこだわってみるのも
珈琲の新しい魅力を知ることができ、面白いですよ。


珈琲を楽しむためにもうひとつお話ししたいのは

「フードペアリング」です。

こちらは相性の良い食べ物と一緒に
珈琲を楽しむことを言います。

私がコーヒーショップに勤め始めたばかりの頃は
珈琲の味の違いは全く分かりませんでした。

そんな私に珈琲の味の違いを教えてくれたのは
この「フードペアリング」でした。

例えばナッツの風味を感じるという珈琲豆。

実際に飲んでも「ナッツ?」となるかもしれませんが、
くるみやアーモンドのケーキと一緒に飲むと
お互いの風味がフワーーーーっと口全体に広がり
鼻から抜けるのが分かるかと思います。

食べたら一瞬でわかる珈琲との相性。
このフードペアリングの体験を、是非してみていただきたいです。

豆を選ぶ際は裏に書かれた風味や味の特徴に合う物を
一緒に召し上がってみてください。
珈琲の新しい魅力に出会えること間違いなしです。


さて、アージェントパルムの珈琲豆は
どんなデザートとの相性がよいのでしょうか。

列席される機会がございましたら
デザートビュッフェで色んなデザートとの相性を
試してみてくださいね!

本日のブログは中川がお届けいたしました。

愛知県豊田市の結婚式場・ゲストハウス
アージェントパルム

豊田市駅すぐ
緑あふれるガーデン付き邸宅を貸切にして
おふたりらしい結婚式を

■公式サイト
先輩カップルの挙式レポートや
お得なキャンペーン・プランなどはこちら
https://www.argent-parme.net/

■試食付きブライダルフェア開催中
https://www.argent-parme.net/fair/list.php
フェア・見学専用ダイヤル:0565-31-7766

■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/argentparme/
キッチンスタッフアカウント
https://www.instagram.com/argentparme_kitchen/

■ご友人紹介キャンペーン実施中
https://www.brass.ne.jp/conti-story/festival/form/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です