アージェントパルム・スタッフブログ 愛知県豊田市のゲストハウスウエディング結婚式場

5月の爽やかな晴れ空の下
本日もここ、アージェントパルムで素敵なご夫婦が誕生いたしました。

新郎 しゅんすけさん
新婦 はるかさん

学生時代のアルバイトで出会われたおふたり。
お付き合いも長いためか、お互いのすべてを知り尽くしているような掛け合いが楽しく、いつも楽しくお打ち合わせを進めてまいりました。

優しく聡明で、かつ冗談好きなしゅんすけさん。
明るく朗らかで、笑顔のかわいらしいはるかさん。
おふたりらしさがたくさん詰まった、ジューシーでハッピーな結婚式がいよいよスタートです。



おふたりの一日はファーストミートから始まります。
お互いの晴れ姿にあたたかい笑みがぽろりとこぼれました。
「今日は楽しもうね!」おふたりらしい言葉をかけ合います。



チャペルやガーデンでお写真をのこしたあとは、親御様にも晴れ姿をご披露します。
はじめは笑顔でのご対面でしたが、今日の日を改めて実感し、おふたり、そしてご両親の目からは涙が落ちました。

おふたりが選ばれたのはキリスト教会式。
神聖で厳かな雰囲気の中、皆さまに見守られながら愛を誓い合います。
牧師の投げかけに「はい、誓います」と力強く答えていらっしゃったのが、とてもおふたりらしく、素敵でした。

フラワーシャワーで皆さまからたくさんの「おめでとう」をいただいたあとは、おふたりからもブーケとブロッコリーのトスをします。
大変盛り上がり、笑顔いっぱいのお時間となりました。

いよいよ、ウエディングパーティーの始まりです。
ユーモアにあふれた手作りのオープニング映像が上映され、階段から手を取り合って入場されたおふたりに、会場中から拍手が湧き起こります。
しゅんすけさんらしいお言葉でウェルカムスピーチをしていただいたあとは、おふたりにとってたいせつなゲストの方よりお祝いのお言葉を頂戴しました。

皆さまで声高らかに乾杯をしたあとは、おふたりよりアージェントパルム自慢のキッチンのご紹介です。
実はしゅんすけさんとはるかさんも初めて見る影絵の演出。
おふたりにもしっかり楽しんでいただけるよう、スタッフ一同精いっぱいパフォーマンスさせていただきました!

こだわりのメインソファにてたくさんお写真をのこしていただいたあとは、フルーツいっぱいのケーキにナイフを入れます。
ビタミンカラーのケーキをお互いに食べさせ合いっこすると、ゲストの皆さまも大変盛り上がったご様子でお写真の撮影をされました。



ここで、おふたりはお色直しのためご中座されます。
まずは新婦はるかさんから。大好きな弟様、妹様と一緒に歩かれます。
妹様が頑張って伝えた「おめでとう」に、はるかさんは妹様を思わずぎゅっと抱きしめました。
とてもたいせつな、かけがえのないお時間となりました。

新郎しゅんすけさんは、おばあさまおふたりと。
幼い頃からの感謝を伝えると、おばあさまも笑顔で答えます。
手を繋ぎ、ゆっくりとお色直しへ向かわれました。

おふたりの入場を待っている歓談のお時間中、いきなり音楽が流れ始めます。
やがて美しい歌声が聴こえはじめ、階段上からはるかさんが歌いながら登場します。
階段を下りきると会場スタッフに扮したダンサーがはるかさんのもとへ向かい、なんとダンスを披露します!

会場中をまわり、カーテンから登場したしゅんすけさんが参加し、おふたりのご友人が参加し・・・パーティー会場はいつのまにかダンスホールのように盛り上がります。
最後にはゲスト全員でダンスをし、おふたりが最も楽しみにされていた『フラッシュモブダンス』は大成功となりました!

本当のお色直し入場では、はるかさんは“ジューシー”なオレンジのドレス姿でご登場されました。
いっぱいのバブルに包まれるおふたりはとても素敵でした。



たいせつなご友人からおふたりとのエピソードを話していただきましたら、おふたりより皆様へデザートとお茶漬けのビュッフェのプレゼントです!
実は結婚式場のアルバイトで出会われたおふたり。
しゅんすけさんはケーキカットのお仕事をされていたこともあり、皆様の前でその腕前をご披露しました。

おふたりの親御様からも祝福の言葉をいただき、いよいよパーティーは結びへと向かっていきます。
ここで、はるかさんからしゅんすけさんへ、21通のお手紙をサプライズでお渡しいただきました。
人生の節目となるタイミングで読む、たいせつなお手紙。
このお手紙がおふたりのこれからをもっと素敵なものにしてくれるのだろうと想像せずにはいられません。

はるかさんから親御様へ、感謝の気持ちとこれからの決意をお手紙を通して伝えます。
その想いは花束として、おふたりの手からご両親のもとへ。
そしてあたたかい拍手の中、未来へむかって門出をされたおふたりのウエディングパーティーは、めでたく結びとなりました。


しゅんすけさん、はるかさん
本日は本当におめでとうございます。

初めてお会いしたときから気さくに接してくださり、いつも楽しくお話していただきまして、ありがとうございました。
おふたりの結婚式への真剣な想いを預けてくださり、一緒に今日という素晴らしい日を迎えられたこと、とても幸せに思います。

いつだってお互いのことを一番に想っているおふたり。
おふたりが歩んでいく未来は、きっとおふたりにしか出せない色をしているんだろうなと思います。
とても楽しい一日をありがとうございました。
末永く、お幸せに。



おふたりの担当 小川ゆな

いつもアージェントパルムのブログをお読みいただきありがとうございます

みなさんこんにちは!
今日のブログは佐谷がお送りいたします

前回は「誓いの言葉」をご紹介しましたが、今回は「結婚証明書」をご紹介いたします

結婚証明書とは・・・
新郎新婦がサインをし、おふたりが結婚することを証明する誓約書のことです
挙式の際にサインをする結婚証明書
最近はサインではなく、違った形で、おふたりオリジナルの結婚証明書にする方が増えてきました



たとえば、「ウェディングツリー」
木の幹が描かれた用紙に、みなさんでスタンプを押し、ひとつの木を完成していただきます
これはツリーだけでなく、傘だったりリースだったり・・・
スタンプをバルーンに見立てたり、音符に見立てる方もいらっしゃいます
また、スタンプを何種類か用意し、その色に意味を加えても面白いですよね!
たとえば、
「結婚するにあたって必要だと思う色を選んでください」と説明を用意して
ピンクは愛情
青は信頼
緑は美味しい料理
黄は会話
と、このような形で色と理由を決めます。
ただスタンプするだけではなく、ゲストの方に考えてもらえるような演出も素敵ですよね!
挙式の際、おふたりもスタンプを押していただき、ひとつの結婚証明書「ウェディングツリー」を完成させていただきます


次に、サンドセレモニー
4種類ほど色のついた砂(カラーサンド)を用意します。
そのカラーサンドをフレームに入れてもらい、みなさんでひとつの証明書を完成させます
挙式のときにはおふたりで最後の仕上げとして、カラーサンドを入れていただきます
見た目もオシャレで、海が好きな方にとってもおススメです!


次に、ハートドロップス
ハート型のドロップにゲストの方にメッセージや名前を書いていただき、用意した木の枠にいれてもらいます
最近はハートだけでなく、スターだったりマルにしてニコちゃんマークを書いてもらって入れたり・・・
おふたりのテーマに合わせて形を変えられるのも素敵ですよね!


次に、ジェンガ
ジェンガにゲストの方に名前やメッセージを、書いていただき、透明なビンに入れていただきます
挙式ではおふたりもジェンガに名前を書いていただき、ビンに入れ、フタを閉めて完成です



以上、今回は4つご紹介しました
ぜひやってみたい!という方がいらっしゃったら、担当プランナーにご相談くださいね!

今回のブログは佐谷がお送りいたしました
最後までお読みいただきありがとうございました


アージェントパルム
佐谷れみ

アージェントパルムのブログをご覧の皆様こんにちは!
本日のブログは大島がお届けいたします。

最近は暑い日が続き、夏が近づいてきたな!と感じることが多くなりました。
私は暑い中で食べるアイスが大好きで、夏という季節を心待ちにしておりました!笑
そして皆様はもう夏の予定は立てましたでしょうか?
私はこの夏、実家のある四国に旅行に行こうと思っております!
徳島での川下り、愛媛での道後温泉、高知でのカツオのたたき!楽しみがいっぱいです!!


さて、今回のブログでは、タイトルにもあるようにウェディングケーキについてお話ししたいと思っております!
結婚式には必ずあると言っても過言ではない、ウェディングケーキですが、
どうして結婚式では定番なのかご存知でしょうか??
ウェディングケーキの由来や、ケーキの段の数え方、それぞれの段の持つ意味などを、ご紹介します。

ウェディングケーキは、18世紀ごろイギリスで登場したと言われており、
今主流の生ケーキではなく、保存の利くバターケーキを食べる習慣がありました。
ウェディングケーキが世の中に広まったのは、1858年ヴィクトリア王女の結婚式で三段ケーキが使用されたことが発端であると言われています。

ウェディングケーキは、一番下の大きな段を「一段目」、真ん中の段を「二段目」、一番上の小さな段を「三段目」という風に数えます!
三段のウェディングケーキには、それぞれ
一段目は、参列してくれたゲストと一緒に食べるケーキ
二段目は、参列できなかった方に配るケーキ
三段目は、新郎新婦さんが記念日に食べるケーキという意味があります!
先ほども申しましたように、ウェディングケーキが登場した当時は、保存の利くケーキが主流でしたのでこのような食べ方が可能だったのだと思います!


次に、ウェディングケーキの意味についてお話ししたいと思います!
ウェディングケーキは、ケーキ入刀の後にゲストの皆様にふるまわれることが多く、幸せのおすそ分けという意味があります。

ウェディングケーキには、生ケーキやバターケーキだけでなく、
プチサイズのシュークリームを高く積み上げて、カラメルなどでコーティングした「クロカンブッシュ」というケーキもあります。
このクロカンブッシュは、フランスで生まれ、シューはフランス語で「キャベツ」という意味があり子孫繁栄と豊作を願い食べられる習慣があります。
日本ではあまり見ることがありませんが、ウェディングケーキと一口に言っても色々な種類と意味があるのですね★



結婚式に欠かせない、大切な存在であるウェディングケーキ。今回は、ウェディングケーキがもつ素敵な意味や由来をご紹介しました!
ウェディングケーキをはじめとし、結婚式での演出やアイテムにはそれぞれ深い意味や成り立ちがあります。
一つ一つに込められた歴史や思いを理解することで、より結婚式が感慨深いものになるのではないでしょうか。。。♡

以上、本日のブログは大島がお送りしました!!




アージェントパルムスタッフブログをご覧の皆様こんにちは。
本日のブログは豊田がお届けいたします。

10連休という長期間のゴールデンウイークが終わってしまいましたね。
皆様はゴールデンウイークをどのように過ごされましたか?
旅行へ行き長期連休を満喫した方が多いかと思います。
中には、ゴールデンウイークを使って実家へ帰ったり、
お相手のご実家に挨拶をしに行ったりした方もいるのではないでしょうか?

そんな私はありがたいことにゴールデンウイークで、
沢山の新郎新婦の幸せのお手伝いをさせて頂きました。

さて本日のブログでは、
アージェントパルム自家製ドリンクをご紹介させて頂きます。
アージェントパルムではデザートビュッフェのお時間に、
デザートと併せてこちらの自家製ドリンクも楽しむことができます。

自家製ドリンクのメニューは、
・サングリア
・レモネード
・生絞りグレープフルーツジュース
の3種類です。

サングリアはアルコールのドリンクで、
サングリアの中に苺が入っていて見た目も可愛いドリンクです。
とても飲みやすく、男性女性共に人気のあるドリンクです。



レモネードはレモンやライム、グレープフルーツといった
柑橘系の果物を漬け込んだドリンクでさっぱりと飲みやすいドリンクです。
こちらのレモネードはノンアルコールドリンクになっている為、
お車でお越し頂いたゲストやお子様でも飲めるドリンクです。
色鮮やかで見た目も可愛いく写真映えもすることから、
女性ゲストにとても人気があります。

生絞りグレープフルーツはその名の通りゲストの目の前で、
グレープフルーツを絞ってご提供させて頂いています。
グレープフルーツを丸々絞っているので、正真正銘の果汁100%ドリンクです。
生絞りパフォーマンスを含めて、
男女問わずお子様からご年配の方まで幅広く人気のあるドリンクです。



これからの季節は少しずつ気温も上がってくるので、
冷たい自家製ドリンクを飲みながらアージェントパルム自慢のガーデンで、
ビュッフェのお時間を楽しむことができます。
また、どのドリンクも色鮮やかで写真映えがするので
ドリンクを持ちながら皆さんでお写真を撮ることもおススメです!

こちらのブログを見て、
アージェントパルム自家製ドリンクが気になった方がいらっしゃいましたら、
是非お打ち合わせの際に担当のプランナーに話を聞いてみてください。
結婚式当日はおふたりも自家製ドリンクを飲みながら、
ゲストの皆様とビュッフェのお時間を楽しんで頂けると嬉しいです。

アージェントパルム豊田

街を照らす太陽の光がまばゆい春の日
本日もここ、アージェントパルムで素敵な夫婦が誕生いたしました。

新郎 けいすけさん
新婦 たかよさん

おふたりに初めてお会いしたのは今年の1月。
限られた時間でのお打ち合わせではありましたが、ゲストの皆さまをおもてなししたい!という気持ちが強いおふたりは、頑張って準備をしてくださいました。

アージェントパルムの隣にある挙母神社さんで、お祭り関係のことをされているけいすけさん。
結婚式も、挙母神社での神前式を選ばれました。
そんなおふたりが最初に選んだ衣裳は『和装』。
和のテイストをいっぱい散りばめた、おふたりらしい日となりました。

おふたりの一日は、たかよさんのお姉さまからたかよさんへの『べにさしの儀』から始まります。
べにさしは、花嫁を悪いものから守る、という意味のある伝統的な儀式。
緊張しながらも笑顔のあふれる時間に、姉妹の仲の良さが見えます。
そんなふたりを見守るけいすけさんのまなざしもとても優しいものでした。



その後、おふたりは神社へ移動し、神前式を執り行います。
ご両家のご親族の皆様に見守られながら挙げる、日本ならではの結婚式は、とても神聖な時間となりました。

結婚式のあとは色打掛に着替え、ご友人も交えたガーデンパーティーへと進みます。
けいすけさんの紋付袴、そしてたかよさんの赤と金の色打掛が、とてもよく似合っています。
おふたり手作りのペーパーシャワーを浴びながら、おふたりのたいせつなご友人がたくさんの祝福をしてくださいました。

ガーデンに移動すると、次はおふたりから皆様へのおもてなしの時間です。
たくさん用意したお菓子とおもちを皆様に投げます。
和装だからおもちをまきたい、という気持ちと、みんなに喜んでもらえるお菓子をあげたい、という気持ちがあり、この演出に決まりました。
おもちもお菓子もゲスト全員の手元へ行き渡り、お子様にも十分楽しんでいただけました。

快晴の下で皆様とのお時間を楽しんでいただいたのち、いよいよおふたりのウエディングパーティーが始まります。
まずは仲良く手を繋ぎ、番傘を差してのご入場です。
たくさんの拍手の中、たかよさんをしっかりとエスコートするけいすけさんの姿はとても頼もしいものでした。



おふたりを囲んでの乾杯のご発声は、けいすけさんの伯父さまより頂戴します。
幼い頃のけいすけさんを知っているからこそのお祝いの言葉に、会場が少し和やかになります。

乾杯後、ゲストの元へお料理が運ばれてまいりますと、皆さまへアージェントパルム自慢のキッチンをご紹介します。
ご紹介はおふたりにとってたいせつな姪っ子・甥っ子ちゃんたちにしていただきます。
可愛く「オープン!」と言うと、曲に合わせてキッチンが開き、なんとシェフたちがダンスを披露。
ゲストからも歓声が上がり、素敵な時間となりました。

ここで、けいすけさんのご友人より余興をいただきます。
余興は、けいすけさんのご友人の、お祭り関係の方からお囃子。
正面に席を設け、たかよさんには一番近い場所で見ていただきます。
実は、たかよさんがけいすけさんのお囃子をご覧になるのはこれが初めてのことです。
仲間たちに鼓舞されたけいすけさんの気合も十分!大好きなたかよさんに素敵な姿を披露してくださいました。

そしてここで、たかよさんからけいすけさんへのサプライズです。
プレゼントはサッカーボール。最初は真っ白だったボールに、ゲストの皆さまにメッセージを書いていただきました。
サッカーを経験していらっしゃったけいすけさんへ贈る、愛のこもった贈り物です。
恥ずかしがりやのたかよさんは、ご友人の力を借りてそれをお渡ししましたが、気持ちはしっかり伝わっているはずです。

いよいよおふたりのウエディングケーキがやってまいります。
おふたりがデザインされたのは、なんとシュータワーです!



見た目にもゴージャスなケーキにナイフを入れていただいたあとは、ケーキの食べさせ合いっこをします。
けいすけさんからたかよさんへは、可愛らしくいちごをひとつ。
たかよさんからけいすけさんへは、豪快にクリームいっぱい!
ゲストの皆様と一体となり、大変盛り上がる時間となりました。

その後はいよいよお色直しの為、おふたりはご中座へむかいます。
たかよさんは可愛い姪っ子ちゃんたちと。
けいすけさんは、たいせつなお母様と。
普段なかなか手を繋ぐ機会もないですが、今日はしっかり手を取っていただきました。

パーティー中盤には、おふたり手作りのプロフィールムービーが流れます。
たいせつなご友人との写真がたくさん盛り込まれた映像に、おふたりにとってゲストがどれほどたいせつなのかを感じることができます。

お色直し入場は、これまでの和装とはがらっと変わった洋装で。
タキシードに身を包んだけいすけさんが階段上から登場すると、会場からはわっと歓声が上がります。
ブーケを手に、ガーデンまでたかよさんを迎えに行きます。
跪き、ブーケを手渡す際、お互いにしか聞こえない内緒の一言を伝えました。
たかよさんがブーケを受け取り、腕を組んでご入場です。



ここで、おふたりよりおもちの当たり発表です!
ガーデンで投げたおもちに実はふたつ当たりが隠されていました。
けいすけさんからと、たかよさんからと、それぞれひとつずつプレゼントをお渡しいただいたあと、もうひとつのおふたりから皆様へのプレゼント『デザート&お茶漬ビュッフェ』のおもてなしです。

ガーデンにて皆さまとお写真をたくさん撮ったあとは、ご友人よりスピーチをいただきます。
そして、ご友人からいただきましたおふたりには秘密のサプライズDVDが流れると、おふたりの表情にも感動の色が滲みました。

いよいよパーティーもエンディングへと向かっていきます。
結婚式当日が母の日だったので、真っ赤なカーネーションの花束と、おふたりが生まれたときの重さでつくったウエイトドールを親御様へお渡ししました。
これまでありがとう、そしてこれからもよろしくお願いします。そんな気持ちをしっかり伝えていただき、おふたりのウエディングパーティーはめでたく結びとなりました。


けいすけさん、たかよさん、本日は本当におめでとうございます。
おふたりと初めてお会いしてからまだ半年も経っていませんが、それが信じられないくらいとても濃いお時間を一緒に過ごせて、本当に幸せでした。

冗談が好きでおもしろいけれど、たいせつな人にとても真摯なけいすけさん。
いつも可愛らしいけれど、芯のしっかりした憧れの女性、たかよさん。
大好きなおふたりが歩んでいかれるこれからの人生が、素晴らしいものでありますように。
いつまでも仲の良い、素敵なご夫婦でいてくださいね。
末永くお幸せに。



おふたりの担当 小川ゆな

本日も素敵な新夫婦が誕生いたしました。
新郎:なおきさん
新婦:やよいさん

おふたりの出会いはコンビニ。
店員だったやよいさんと、そのお店の常連だったなおきさん。
次第に仲良くなり、交際に発展されたそうです。



おふたりの結婚式はご家族対面から始まります。
タキシードとドレス姿を1番初めに親御様にご覧いただきます。

チャペルの中には親御様が
そして扉が開き、なおきさんとやよいさんがバージンロードを歩かれます。
今まで生きてきた中で一番お世話になった人。
感謝の気持ちを伝えます。


待合室ではゲストが続々と集まってきました!
受付の隣ではカラードレスの色当てクイズも行っております。
やよいさんは何色のドレスで登場されるのか今から楽しみですね!


チャペルで親族紹介が行われ、挙式が始まります。
挙式のスタイルはおふたりのご希望で人前式を行います。

最初は新郎なおきさんの入場です。
男らしく堂々とバージンロードを歩いてくださいました。
続いて新婦やよいさんはお母様と一緒に入場です。
家族の愛情と言い伝えがある、ヴェールダウンをお母様より行います。

開式の辞の後は、おふたりが考えた誓いの言葉です。
1文字1文字丁寧に息を合わせながら、読まれます。

誓いのキス、指輪の交換と続き、結婚証明書署名です。
この結婚証明書はおふたりが手作りされたもの。
そしてサプライズで両家のお母様をお呼びし
立会人代表として、署名していただきました。
その結婚証明書を4人でご披露です!
世界にひとつだけの結婚証明書が完成いたしました。

皆様の賛同の拍手の後、挙式は結びを迎えました。

続いて、ガーデンセレモニーです。
五月晴れで天気は素晴らしいです!

おふたりがご用意してくださったフラワーで
フラワーシャワーを行います。
ゲストから「おめでとう!」の掛け声と一緒に祝福を受けます。
その後は全員で集合写真を撮り、自由に写真を撮る時間になりました。


「素朴に、アットホームに」というのが
おふたりの結婚式のテーマです。
おふたりを囲んでご親族で和気藹藹と過ごされております。

おふたりの入場です。
ガーデンより少しヘアチェンジされておふたり仲良く、入場されました!
開宴の辞の後、最初はおふたりよりウェルカムスピーチです。
少し緊張されながらも、しっかりご挨拶をして頂きました。

乾杯はやよいさんの伯父さんよりご発声して頂き、宴が始まりました。

アージェントパルムの料理長より本日もメニューの紹介と
キッチンの紹介をした後、
おふたりがテーブルを回って、写真タイムです。
アットホームな時間が流れていきます。

ここで結婚式のメインイベントでもあるケーキ入刀を行います!
おふたりが飼っている猫ちゃんをイメージしたウェディングケーキ。
おふたりの想いが沢山詰まったウェディングケーキにナイフを入れます。



そしてそろそろお色直しのお時間となりました。
まずは、やよいさんよりご中座です。
エスコート役に選んだのはお兄様2人です!
ご兄妹で仲の良いところを見せて頂きました。

続いて、なおきさんはお父様をエスコート役に選びました。
少し照れくさそうに歩いてくださいました。


お色直し入場では、階段より入場です。
そしてカラードレスの色はカーキ色が正解でした!
正解した方全員にアイスクリームの引換券を贈呈です。



そしてなんと、おふたりからのおもてなしとして
マグロの解体ショーが開始いたしました!
ゲストの皆様は興味津々で見ておられました!
デザートビュッフェもあり、皆さんとても満足されたご様子でした。



そして結びのお時間が近づいてまいりました、
おふたりより親御様へ感謝の気持ちを込めて、
記念品としてお箸を贈呈されます。
最後に新郎のお父様と新郎なおきさんより
ご挨拶があり、おふたりの披露宴は結びとなりました。



なおきさん やよいさん
改めまして、ご結婚おめでとうございます。
おふたりの幸せな姿を担当として、1番近くで拝見することができ
私も幸せな時間でございました。
これからも変わらず、おふたりらしく明るい家庭を築いてください。

担当ウェディングプランナー 南部葉月

ゴールデンウィークから少しずつ落ち着きを取り戻している今日この頃。
私たちの仕事上、10連休というのは想像がつかないような連休ですが、皆様はお休みはありましたか。
このお休みを利用して、旅行に行かれる方や、帰省する方、家族サービスをする方、様々な時間の過ごし方があったと思います。

その中でも、本日取り扱いたい内容は、家族と過ごす時間についてです。

皆様にとって、幸せを感じる瞬間、頑張る力を感じるのはどのような時でしょうか。

例えば、私にとって頑張る力を感じるのは、家族と過ごす時間です。
来月2歳になる子供がいるのですが、今年の2月からは託児所に預け始め、出勤前に送るのが日課となっています。
預ける前までは、休日は一緒に過ごしていましたが、最近では迎えに行ってから寝るまでの時間が一緒に過ごす時間となっています。

きっと、あっという間に成長していく我が子と過ごす時間の大切さを、この先も感じるのだと思います。

そして、結婚式においても、家族と過ごす時間の大切さを感じる瞬間があります。

それが、挙式前に行う「家族タイム」です。

この時間は、新郎新婦と、家族だけの特別な時間として設けています。

参加される方は、それぞれの新郎新婦によって異なります。
親御様と一緒に迎える方もいれば、兄弟も入って、中には祖父母も参加される場合もあり、それぞれの新郎新婦によって様々な思い出を創ることができるのです。

この家族タイムとはどのような時間かと言いますと、新郎新婦からはこれまでの「感謝」を伝え、家族からは「祝福の気持ち」を伝える時間です。



挙式会場内に家族に入っていただき、扉口から新郎新婦が入場してきます。
その際に、家族にはこれまで打ち合わせで聞いてきた新郎新婦から家族とのエピソードや想いを伝えます。
また、新郎新婦には、結婚式で一番最初の「ありがとう」を伝えましょうと言っています。

結婚式に大切な、「感謝を伝える」ことと、「祝福される気持ちを届ける」こと。
お互いに言葉を通わせ、手を繋いだりしてぬくもりを感じることで心に残る時間となります。

入場してきた瞬間から涙が溢れる家族もいれば、笑顔で迎え入れる家族もあり、空気感は1つとして同じものはありません。

実家にいる時には当たり前すぎる存在であった家族を、こんなにも愛おしく感じるのは結婚式というかけがえのない日だからだと思います。

ただ、時間を過ごすだけではなく、気持ちとぬくもりを通わせること。
これからも大切に創っていきます。

アージェントパルム
東 浩二

皆さんこんにちは。アージェントパルムキッチンの金子です。
最近めっきり暑くて日中は半袖でちょうどいい天気が続きますね!
ただまだ朝晩は冷えますので、体調管理には気を付けたいです。。

花粉もこのまま早くなくなってほしいですね。
先日病院に花粉症の薬をもらいに行ったところ、
もうすぐひのきも終わると言われたので、症状が出なくなる日を
心待ちにしております。

ちなみに私は秋も花粉症がでるので、そんなに気も休まりませんが、、、
食材もそうですがアレルギーは悩ましいですね。
上手に付き合っていくしかないのですが、誰かアレルギーが
全て無くなる薬を開発してくれないかなと思う今日この頃です。



タイトルにもありますが、先日夏の時期のお客様対象の
試食会を行いました。
スタッフ対象の試食会から少しメニューをかえて、今回の
試食会に臨みましたので、そのメニューを
紹介させていただきたいと思います。


写真がこちら!





グラスの中には夏が旬のトウモロコシをつかったブランマンジェを
詰めております。
トウモロコシを丸ごと蒸してからピューレにして、
目の細かい網でしっかり裏ごししたものをクリームと合わせているので
とっても滑らかな口あたりです。
この料理は昨年もスタイルを変えて出してますが、
素材の味を十分に引き出しているので、
特に加糖してなくてもとても甘く、凄く好評を頂いた料理です。


そしてその上にはクリームチーズやヨーグルト、生クリームで
作ったエスプーマを合わせています。
エスプーマとはムースのようなものですが、専用のボトルに
液体と炭酸ガスを入れてつくるものです。


通常のムースは泡立てた卵白や生クリームを使うことが一般的ですが、
エスプーマは炭酸ガスで気泡を入れるので素材の味をだしやすいのが
特徴かなと思います。


また皿に添えてあるのはマッシュルームのペーストを巻き込んだ
プチクロワッサンになっています。
普通のマッシュルームのペーストにトリュフの香りを足して
ますので、とても芳醇な味わいのクロワッサンになっております。


また食前酒のでるお時間に提供する料理ですので、
こうした塩気の少しあるものがあると食前酒の次の一口が
よりおいしくなりますね!!


この二つの料理、別々で召し上がってももちろんですが、
一緒に食べるとお互いの良さがより引き出されます
このような組み合わせをマリアージュ、つまり結婚て言うのです。
結婚式場にピッタリだとは思いませんか!?

夏に挙式や列席のご予定のある方、ぜひ楽しみにしてくださいね!

では季節の変わり目、皆様お体には気を付けて。。。

本日のブログは金子がお伝えしました!









いつもアージェントパルムのブログをお読みいただきありがとうございます

みなさんこんにちは!
本日のブログは佐谷がお送りいたします

今回ご紹介するのは
「誓いの言葉」

誓いの言葉とは、教会式や神前式のように神さまに誓いを述べるものではなく、ゲストみなさまの前で夫婦となる誓いを述べるものです
人前式で用いられます

挙式を人前式にしたはいいけど
誓いの言葉をどうしたらいいかわからない・・・

そんな方いらっしゃいませんか?

そんな方に少しでも参考になれば幸いです

○おふたりで読む誓いの言葉
おふたりで考えた誓いの言葉を、みなさんの前で一緒に読みます
例えば・・・
『本日、私たちは、ご列席くださった皆様の前で結婚式を挙げます
これから、どんな時にも心をひとつにして、希望に満ちた明るい家庭をふたりで築いていくことを、皆様の前で誓います』
この誓いの言葉はおふたりで一緒に読みます

○おふたりで3つの誓いを立てる誓いの言葉
おふたりで考えた3つの約束事を立てます
例えば・・・
『お互いの両親を大切にします』
『いつも感謝の気持ちを忘れません』
など、おふたりで大切にすることを誓っていただきます

○お互いに3つの誓いを立てる誓いの言葉
新郎から新婦へ、新婦から新郎へ、それぞれ3つずつ約束事を立てます
例えば・・・
『家事は分担します』
『いつも感謝の気持ちを伝えます』
『一年に一度は必ず旅行に連れて行きます』
言葉は様々です
おふたりらしい、誓いの言葉になりますよね
これを当日まで内緒にする、というのも素敵ですよね

○手紙風の誓いの言葉
それぞれに手紙のような形で誓いの言葉立てます
これは当日までお互いに内緒に
挙式のときに初めてお互いで考えた誓いの言葉をプレゼントします
私のことをこう思ってたんだ!と色んな発見があったり・・・
式の中で手紙を送りたい、と考えている人には素敵な言葉ですね

○教会式風
これは誓いの言葉は使いません
お互いの親御様へ誓うものです
新婦親御様は新郎へ
新郎親御様は新婦へ
それぞれ誓っていただいます
例えば・・・
・親御様が新婦の特徴を言う→誓いますか?と新郎へ問いかける→新郎は新婦親御様に『はい、誓います』と答える
このような流れです
親御様に感謝を伝えたい方にはぴったりの誓いですね

こういうのがしたいんだけど、どうなんだろう・・・
と悩んでいる方、担当プランナーにいつでもご相談ください!

今日のブログは佐谷がお送り致しました
最後までお読みいただきありがとうございました

アージェントパルム
佐谷怜美

皆さま、こんにちは。
いつもアージェントパルムのスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。

元号が変わり、ついに新たな時代が始まりましたね。
街に『令和』の文字を見つけるたびに心躍ってしまいます。
今年はいろんな意味で特別なゴールデンウィークでしたが、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。
私も令和初日にお休みをいただきましたので、大好きな野球を見に行ってまいりました。

さて、今日はこどもの日ですね。
このような節句がいまだに伝統として日本にのこっていることを大変うれしく思います。
こどもの日といえば鯉のぼりや五月人形など、それを象徴するものがたくさんありますね。
地元では、近所の川に何十もの大きな鯉のぼりが飾ってあるのですが、幼い頃から変わらない風景を見かけるたびに風情を感じます。

ただ、何事においても花より団子な私は、ついつい食べ物に目を向けてしまいます・・・
なんといっても大好きなのがかしわ餅。
私は断然こしあん派なのですが、皆さまはつぶあん・こしあんどちらのほうがお好みですか?
もしくは『ちまき』のほうが好き!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

様々なシーンで日本人に愛され続けているおもち。
そんなおもちを用いた『おもちまき』は縁起が良い儀式だということで、しばしば結婚式でも登場することがあります。

元をたどれば、おもちまきは、建築物(特に家屋)を建てる際に厄払いとしておこなわれ始めたものでした。
それが徐々にお祝いの意味を含み始め、ついに結婚式でもおこなわれるようになったということです。
最近では、おもちは持ち帰っても食べづらく、より気楽に食べてもらえるように・・・とお菓子まきを選択される新郎新婦さんがとても多いです。
ただ、それにも地域性があり、お菓子まきは主に東海地方にて活発に開催されるイベントのようですね。
(もっとも、おもちまきから発展したお祝い事としてのお菓子まきと、名古屋近隣でおこなわれているお菓子まきとでは、少々意味合いが違うようですが・・・)

お菓子もフランクで扱いやすく、とてもいいですが、結婚式だからこそ日本で伝統的に食べられてきたおもちを取り入れるというのも素敵だと思います。
おもちの中にマークのついた当たりを忍ばせておいて、披露宴中に当たり発表をする、というのも2度楽しめて、楽しいイベントになりますよ^^

ゲストを楽しませたい!ゲストと一緒に盛り上がりたい!インパクトに残ることがしたい!という方。
日本だからこその『おもちまき』をしてみるのはいかがでしょうか?
和装をされる方にもおすすめです!

本日は、元旦には必ず朝ごはんにお雑煮を食べる小川がお送りしました。