PARTY REPORTパーティレポート

キャッチボールで繋ぐ1日

教会式
2020.11.28
70 名

りょうたろうさん

さなさん

豊田にある結構式場の中から探して、最初に見学に行った時のスタッフの方々の対応の良さや人柄の良さに惹かれ、ここでなら最高の結構式ができると思って選びました。

当初は結婚式はしなくても良いと思っていましたが、実際に結婚式を挙げてみて本当にやって良かったなと思っています。結婚式に参列していただいた方々からいただいた、たくさんのお祝いのお言葉で“結婚したんだな”と初めて実感し、これから2人で人生を歩んでいくんだなと感じる時間になりました。

「キャッチボール」というテーマがゲストの皆さんにも伝わるよう、挙式前の時間からこだわりました。
ウエディングケーキは、野球ボールをデザインのメインにし、他の人と被らないようにたくさん調べて決めました。
また、可愛いと思ったドレスを全て着られるよう衣裳にもこだわりました。

短期間で何度も打合せをしていただき、時には夜遅くまで付き合っていただきありがとうございました。藤井さんがいろいろな演出を提案してくれて、本当に良い式にしようと思ってくださっているのが伝わってきて嬉しかったです。当日になるまで、本当に盛り上がるのかなと不安だった部分もあったのですが、いざ当日を迎えてみると、自分たちが思っていたよりもはるかに盛り上がり、逆にこちらがびっくりするほどで、さすが藤井さんだなと思っていました。打合せでも、遅刻をしたりとたくさん迷惑をかけたと思いますが、本当に藤井さんが担当でよかったと思っています。ありがとうございました。





りょうたろうさん・さなさん この度はおめでとうございます!
野球一筋のりょうたろうさんと、職場野球部でのマネージャーとして出逢ったさなさん。おふたりの人生に欠かせない「野球」にちなみ、結婚式全体を「キャッチボールで繋いでいく」イメージで創っていきました。挙式前にはお父様とキャッチボールをしながら、学生時代の話をする様子がとても印象的でした。そして始球式で始まった披露宴では、ボールを投げてのキッチンオープン演出やウェディングケーキ登場(野球ボール型!)など、ゲストをわくわくさせる雰囲気を創ることがきました。さなさんが学生時代に打ち込んでいたチアの演出は、打合せとスタッフの練習を重ね、見事大成功!!ドレスの雰囲気に合わせて、ガラッと雰囲気を変えたお色直しは、キャンドルをバックにとてもロマンチックな雰囲気になりました。

初めは、どこまでゲストを呼んで結婚式をやろうか、と迷われていましたが、結果皆さんを呼ばれて本当に良かったです。「自分たちのことをとことん知ってもらいたい」と仰っていたおふたり。結婚式でしっかり表現ができましたね。キャッチボールで繋ぐ1日を創りながら、私もおふたりのことをたくさん知ることができました。テーマに沿って内容を考える打合せもとても楽しかったです。遅刻しながら「ごめんなさ~い」と笑顔のふたりを見ると、いつも許せてしまいます(笑)それもおふたりの人柄あってこそだと思っています。衣装も内容もとことんこだわって創った1日。私にとっても思い出の1日となりました。何年たってもお互い「大好き」でいられる夫婦でいてくださいね!お幸せに!

担当プランナー 藤井 菜実

一覧ページに戻る

OTHER CONTENTS

BRIDAL FAIR

おすすめのブライダルフェア